きらきらクリニック

幕張本郷の美容皮フ科形成外科/女性専用プライベートクリニック

ご予約はこちら

ULTRAcel Q+(ウルトラセルQプラス

ウルトラセルQプラスは、HIFU(高密度頂点式超音波)を用いたリフトアップ機器です。
皮下やSMAS筋膜に熱損傷を与えることによる直接的な熱変性と、創傷治癒過程でのコラーゲン増生によって、たるみを引きしめる効果が期待されています。

照射方式による違い

ウルトラセルQプラスの照射方式は、ドットとリニアの2種類です。
ドット方式では、ピンポイントに約65℃の熱を加えることでリフティングとタイトニング効果を目指します。たるみ治療に適しています。
リニア方式(4.5mm)では、広範囲に約58℃の熱を加えることで脂肪溶解を目指します。二十アゴなど、脂肪の気になる部分の治療に適しています。

ドット方式


リニア方式

ウルトラセルQプラス (ドット式) の特徴

    • ・1ショット=約1.5秒と従来機の約3倍のスピード照射が可能になり、施術時間が短くなりました。
    • ・照射時間が短くなったことで、痛みも少なくなりました。ターゲットだけに限定して熱を届けられるため、周囲の骨や歯に痛みが響きにくくなりました。
    • ・肌表面を傷つけずに、奥に熱をとどけられるため、ほとんどタウンタイムがありません。治療後、すぐにメイクも可能です。
    • ・5種類のカートリッジ(0㎜、2.0㎜、3.0㎜、4.5㎜、6㎜)を使い分けることで、より細やかに目的に合わせた治療が可能になりました。
    • ・治療直後に変化を感じられる即効性もありますが、その後2~3ヶ月かけてコラーゲンが産生されていく遅効性もありますので、段階的にリフトアップ効果が得られます。

    ウルトラセルQプラス (リニア式) の特徴

    • ・新しい(2019年11月導入)リニアカートリッジは超音波が線状に照射されます。
    • ・照射スピードはドット式の約2倍と速く、400ショット(標準ショット数)約4.5分です。
    • ・ドット式と比較して熱伝導率が高く、従来の6倍の範囲を加熱することができます。
    • ・脂肪組織だけに効果的に働きかけるために設定温度が低く(約58℃)なっています。
    • ・照射スピードが速く、脂肪だけに選択的に働くため、痛みが少なくなりました。
    • ・肌表面を傷つけずに、奥に熱をとどけられるため、ほとんどタウンタイムがありません。治療後、すぐにメイクも可能です。
    • ・2週間おきに3回の施術が推奨されています。

    ULTRAcel Q+ 料金

    1回 料金(税抜)
    お顔全体
    (頬、あご下、こめかみ、額、目の下)
    100,000円
    お顔※上から額を除く範囲
    (頬、あご下、こめかみ、目の下)    
    90,000円
    ハイフ・アイ 30,000円
    美肌ハイフ 35,000円
    リニア(頬~アゴ下) 45,000円

    ※リニアは2週間おき3回の施術が推奨されています。セット料金設定はありません。